Archive

Archive for the ‘misc’ Category

チョロQ・日産マーチ

2005/12/20 Comments off

チョロQ(日産マーチ)

スキャンした画像がそのままでは使えないときの対処法を、実際に画面キャプチャもしながら書いてみようと思って、わざわざピンク色の Post-It に鉛筆画を描きました。処理して着彩したのがこの絵。このとおり、ピンクでもなんとかなります。

この手順は「Painter ワークショップ」の「使いたおし」に 【 スキャン画像の明度補正 】 という記事として追加しました。

ものぐさスキャン

2005/12/18 Comments off

素子(スキャン)

プリンタ複合機を買い換えました。メーカーは前と同じ HP です。丈夫でメンテナンス性がよいので気に入ってます。同じ系列で黒が顔料インクの最後の機種を確保。去年の型番。

欲しかった LAN 接続はやっぱり便利。だけど、またしてもちょっとドライバの細かいところが納得いかない。以前と同じでスキャンダイアログは動きがトロい上に前回設定を記憶してくれなくて、たいへん不便。デフォルトだとコントラストが強すぎなので、毎回設定が必要。

ところで、この複合機 HP Photosmart 2710 は、本体ボタン操作でスキャンしてそれをメモリカードに保存する機能があって、この機能を使えばトロくさいスキャンダイアログを見なくてすみます。ただし、スキャンについての設定はいっさいナシ。

SD カードを差しっぱなしにして、ここに自動的にスキャン画像を保存、それを LAN 経由で読む、とこういう手順。Painter で開いてデジタル水彩でちょっと彩色。たぶん攻殻の素子さん。

[ 2005/12/25 追記 ]
グラフィックアプリケーションから TWAIN 画面を表示してスキャンするほかに、このプリンタは LAN 経由で本体にウェブブラウザで接続して、その画面からスキャンを実行、ブラウザに表示された画像を保存する、という方式も使えるのに気がついた。これはスキャン方式にも少ないながら選択肢があるし、通常スキャンにはかなり便利。詳細は ここ

オーバーレイシートを裏返す

2005/08/31 1 comment

オーバーレイシートを裏返したタブレット

Wacom の Intuos シリーズのペンタブレットは Intuos 3 になって表面のシート(オーバーレイシート)のツルツル度が減り、さらに摩擦が大きいマットタイプの替えシートや、摩擦のある替え芯(フェルトニブ)も用意されて、それ以前の「ツルツルしすぎて描きにくい」という問題はかなり解消されたようだ。

しかし、初代 intuos や intuos 2 を使っている場合、替え芯はそのまま使えるが、オーバーレイシートはサイズが合わない。うちの初代 intuos はまな板シートを両面テープで貼り付けて使っていたが、これも使っているうちに反ってくるという現象が回避できない。

そんなある日、タブレットの掃除をしていて、ふとオーバーレイシートをはがしてみた。裏のほうが摩擦があるのに気がついた。で、そのまま裏返しで貼り付けた。うちのは A4 サイズなので大小の領域に分けて使うための目安のラインが印刷してあり、その印刷はかすかに盛り上がっているが、カッティングマットの升目よりは気にならないし、これはひょっとしてよいかも。これでもちょっとツルツルすぎるが、表よりマシ。

Categories: misc Tags:

変則デュアルモニタ

2005/08/30 Comments off

子画面つきデュアルモニタ

兼用大好き、なので、テレビ兼用液晶モニタというのをかなり前から使っている。もっと前はパソコンもつなげる CRT テレビというのがあったが、値段が高くて対象外だった。これまで使ってきた 14 インチの Panasonic のテレビ兼用液晶モニタは 15 万円くらいしたが、ふと気がつくと 19 インチの兼用モニタが 6 万円になってる。子画面(Picture in Picture)表示もあったりするし、デジタルものの進歩はありがたい。

デュアルにするのに液晶モニタの機種、とくに液晶パネル本体が違うと、色合わせが困難になる。この値段なら、と、同じ機種を 2 台買ってデュアルにしてみた。子画面もカウントすると 4 画面でちょっと贅沢な気分。当然ながら音声も 2 系統独立で使える。(この機種は液晶下部の左右がスピーカ、中央が電源ボタンとカーソルキー。)

経緯については 【 雑記 】 に書きました。

Categories: misc Tags:

Painter 用 OS X Spotlight パッチ

2005/08/12 1 comment

Philippe Casgrain さんは、Corel の Painter Team の一員で、しかもメーリングリストやニューズグループでよく情報を出してくれる貴重な存在。その彼が、OS X Tiger の Spotlight が Painter の RIFF ファイルを読むときに、これをちゃんとイメージファイルとして認識し、リソースフォークのサムネイルがきちんと表示されるように、とパッチを作成。

http://philippe.casgrain.com/prog/painter_spotlight.html で公開しています。

Mac OS X Tiger ユーザーのかたは、ぜひ。

Categories: misc, painter news Tags:

1 ドットペン

2005/08/08 2 comments

ドットパターン

新しい液晶モニタを購入した。デジタル(DVI)接続の液晶モニタというのは、ほんとにくっきりスッキリで気持ちがよいし目にも楽だけど、アナログ接続した場合はモニタを調節する必要がある。ブラウザやメーラーの画面だけではちょっと調節しにくかったので、Painter で液晶画面調節用の画像を作成。

こういうときは「ペン」ブラシカテゴリの「1ドット」ペンが便利。画面表示を 800% などにしてポチポチと点を打つ。アイコン作成やドット絵にも最適。ただ、このペンは「サイズ」を大きくしても大きくならないので、注意。「描点の種類」が「1ドット」という、他のブラシではほとんど使わないものになっている。

小さいパターンをドットで打ち、必要部分だけを選択して「新規画像にペースト」、パターンパレットのメニューから「パターン化」を実行するとこれが「現在選択されているパターン」になるので、大きめの新規画像を開き、「効果」-「塗り潰し」をパターンを使って実行すればできあがり。

小さい画像を繰り返しペーストするよりだんぜん便利。

Painter で Type 1 フォント

2005/05/20 Comments off

Painter で Type 1 フォント

Painter 周辺調査というか、Corel が持っている技術の確認ということで CorelDRAW 12 Graphics Suite (英語版)を購入。いろいろ入っているのでお買い得感はかなりある。自分で絵を描くユーザーにはクリップアートはあまり必要ないが、英文フォントがたくさんついてきて、しかも Type 1 フォント(PostScript)と TrueType フォントがペアで入ってるのが多い。写真素材も JPEG2000 フォーマットである。

この Suite には Bitstream Font Navigator というフォント管理ツールが付属している。このツールでインストールした Type 1 フォントは Painter からも見える、というのが意外な発見だった。この例では Adobe のパッケージに付属してきた(どのパッケージだったかな、結局複数持っているのでよくわからない) ITC Kabel。そういうわけで、Corel に Painter にもこのツールをおまけでつけてほしい、と要望提出。

コーレルの日本法人が 【 CorelDRAW 12 Graphics Suite SP 日本語版 】 を 5 月 27 日に発売という発表をしましたが、今回かなり値段設定が安くなりましたし、Painter ユーザーには「乗り換え版」という割引もあるので、本格的に購入検討の対象にしてもいいかもしれません。ただし、日本語版を買っても Font Navigator は英語版ですから、日本語のフォントはまともに扱えません。フォント名がすでに文字化けして作業不可なのが多いです。OpenType の Adobe の小塚フォントは扱えるようですが、これまた CorelDRAW からは見えるのに Painter では見えないままという微妙な状況。Painter のフォント周りはかなり改善の余地ありです。

Categories: misc, painter features Tags: ,