Archive

Archive for 2004

バラを描く

2004/12/31 4 comments

ピンクの薔薇

花びらの枚数の多いものは、かなり面倒ですね。描く作業の途中を少しキャプチャしておいたので、ついでに「Step by Step」に 【 写真からバラを描く 】 というページを追加しました。

中間的リアル

2004/12/29 2 comments

少しリアルに描いてみた

写実じゃないけどちょっとリアルを入れてみる。髪の毛もちょっとていねいに濃淡をつけた。かなり修行をせんといかんようです。

[ 絵とは関係なく ] 12 月 9 日に cocolog のファイルアップロードの仕様が変更になり、フォルダ指定ができなくなりました。ここのスタイルシートはカスタマイズして上書きアップロードしたものなので、何か設定を変更するとそのファイルが自動で上書きされ、それはもう手動での上書きができない状態になります。まったく設定変更不可になったわけ。そこで、自前のものに移動するか、ここをサブにする方向で検討中。無料サービスなのでしょうがないか。初心者にはより親切になったと思うので、それほど批判する気もありません。

ブッシュくん

2004/12/26 Comments off

ブッシュ大統領

そういえば小泉さんはカッコいいライティングで写してもらった肖像写真なんてあるんでしょうか。

風のなか

2004/12/24 Comments off

風にひるがえる衣

いつものように鉛筆(カスタマイズした Painter の鉛筆)で線画から始めて、デジタル水彩で色をつけたら、線が強すぎた。ぜんぶキャンバスで描いてたので、線だけ色を変えるのができない。そこで思いついた方法。

(1) キャンバスを全選択して複製。(2) 上のレイヤーをかなり大きくぼかす。(3) 上のレイヤーの合成方法を「Colorize / モノクロ・カラー変換」にする。これで線の色だけは周囲と同系色に。さらにクローンしてレイヤーをまとめ(クローンするのは、失敗したときにやりなおしが簡単だから)、プラグイン系のぼかしいろいろで、線ぼかし。バリアントを持ち変えるのでなく、ブラシ手法を切り替えつつ。

机の下のしっぽ

2004/12/18 2 comments

パソコンの上で寝るハナコ

こっちに頭を向けてることが多いのに、きょうはなんかシッポだった。筐体の後ろ側のほうが暖かいからかもしれない。いまのところ少し暖冬気味なので、熱源はパソコンと白熱灯でかなり間に合ってます。

美青年ブッダ

2004/12/16 Comments off

ブッダ

ヘタすると倒錯的な領域に……とか考えてしまったりもしますが、半眼が好きなので。なんつか、心の平安を求めつつ。畏れ多いので白毫は自粛。

ペイントツールSAI

2004/12/15 4 comments

もみじ

リンクをたどっていったら、開発中のペイントツール(Windows 用)のページに行き当たりました。【 SYSTEMAX ã€‘ の「ペイントツールSAI」です。筆圧対応だというので、テスト版をいただいてきまして、どんなもんかチェック。

これまで知らなかったツールですが、(開発中、それも「コアモジュール」の開発中という段階)、なんだか感触がよいのです。筆と水彩筆は「色を引きずる」ことができるブラシです。鉛筆は筆圧によるストロークの太さと濃淡の制御のみですが、ストロークに 補正 がきくので気持ちよくキレイに描けます。また、縮小表示では アンチエイリアス処理 がかかり、これもきれいです。

保存は BMP 書き出しのみ。キャンバスサイズは 1028 x 1028 固定。読み込む BMP ファイルのサイズは自由らしいです。色を自由に選べるウィンドウが出てこない気がする。こっちで気がつかないのか、テスト中だからかは不明。右クリックでスポイト。

線を引くことについては Photoshop よりずっとよいです。Painter や openCanvas とまとめてだいたい同じ、と言ってもよいかも。たぶん openCanvas より補正には重点が置かれてます。水彩は通常と「ウェットモード」があり、これもかなり面白い。シンプルな画面構成になっていて、筆圧コントロールを反転なんていうのはないので、色の混じり具合のコントロールがちょっとむずかしい気がするけど、「色を引きずる」ブラシは Painter 以外では貴重。oepnCanvas も周囲の色に反応はするが引きずらない。Photoshop CS は持ってないけど、Photoshop 7 から判断すれば、そういうことを想定したブラシエンジンではないですよね。また、動作は軽いと思います。

テスト段階なので無料で使えます。
[ 追記 ] カラーセットの下の領域が Painter のミキサーパッドにあたるので、ここで色を混ぜれば微妙な色調を作れるようです。
[ さらに追記 ] そういえば 【 Project Dogwaffle 】 のことを忘れていた、と思い出して、新バージョンから作成されたフリーで使える縮小版をインストールしてみました。Dogwaffle のブラシにも「Bleed」という項目がありますが、ペイントツールとしては SAI のほうが全面的に上だと思います。SAI はタブレットへの対応にもこだわりがあり、なぜか SAI だけで、Painter でも openCanvas でも 2 ドット右下にずれるポインタがまったくずれません。この「ちょっとずれるポインタ」は Painter のカーソル編集で対応もできますが、Windows ユーザーならちょっと SAI を試してみるのもよいのでは。