Net Painter

2005/01/08 03:24

くまとネットペインター

Painter 7 まであった Net Painter という機能。古いバージョンも持っているのに未体験のままだった。1 回くらいどんなものかやってみたいなあ、ということで、そういえば Tablet PC とかも買ったじゃないか、これを LAN 経由で繋げばいいのだ、と気がついた。

Firewall ソフトは「なんか通りたいって言ってるヤツがいるよ、どうする?」ときいてくるので、これに「こいつは通してよし!」と許可さえすれば通してくれるので、ローカルではかなり簡単に繋がる。ルータより外と繋ぐには、あらかじめルータにパケットを通す設定をしておく必要があるので、うまくいくのか不明。あ、片方は PHS でネットに繋げばテストできないこともないですね。(けど、面倒。)

2 台のマシンで Painter 6 を起動し、接続してみる。なるほど、こうなるのか。いや単に、参加している誰かが「開始」して描画を始めると、そのデータが流れてきて見ているほうの画面に同じ絵が描かれるだけで、スクリプトの再生と同じ。ただ、描かれるテンポはもっとオリジナルに近いので、スクリプト再生したときの「あれよあれよ」という感じはない。また、スクリプト再生と同じく、使用されるライブラリアイテムが共通である必要がある。

この「ライブラリアイテムが共通」というのがけっこう面倒。Painter を本格的に使っていると、自分用のブラシというのはカスタマイズしていることが多い。さらに用紙テクスチャやらパターンまで「共通性」を求められるあたりが辛い。すべての条件が揃えば、環境が Painter であるだけに、リアル画材っぽい絵が勝手に描画されていく過程はちょっとした見ものかもしれないが。

まあ、削られてもしょうがない機能だとは思います。自分が使っていなかったから、そう思うのかもしれませんが。繋いでわいわいやるなら「しぃチャット」とかのほうがいいだろうし、(Windows なら「牛丼」とか「openCanvas」もある)、「プロの共同作業」ならファイルをまとめてやりとりして自分がカスタマイズしたブラシを使うほうが効率がいいと思われます。

この機能は Painter 4 (1995)でついた機能で TCP/IP 使用。1995 年というと、わたしはまだインターネットにも繋がっておらず(ニフティのパソコン通信のみ)、LAN も組んでいなかったし、使ってるマシンも DOS 機で Painter ユーザーでもなかったです。Painter 6 のマニュアルにはすでに Net Painter の記述がありません。なんと今年は 2005 年ですか、ううむ。

  1. 2005/01/08 23:41 | #1

    お久しぶりです。旧ハンドルhiroeです。ハンドルネーム変えました。
    いつもこっそり拝見していたのですが、Net Painterの記事を読んで懐かしくなってコメントしました。
    私は1度だけやったことあります。1999年、確かPainter5.5だと思いました。
    3人でやったのですが、当時は回線も遅くてサラサラと描くことは全く出来ませんでした。3人でやったからかもしれないのですが…。
    確かにしぃチャットなどの方が快適に出来そうです。が、当時は画期的で、ネット上でみんなで絵が描けるのに感動したし、とても楽しかったです。
    今ではPainterにもこの機能はないんですもんね。時代の流れを感じます。

  2. kaburaya
    2005/01/09 16:16 | #2

    こんにちわぁ。なるほど、そうですよね、ちょっと前までネットで同じ画面を共有して描ける機能は Painter にしかなかったわけですよね。その時点で感動モノである、というのはわかります。ローカルで LAN で繋いで実行しても、ちょっとだけ不思議ですから。
    常時接続が一般化して以来、生活の中での位置付けのようなものが、ほんとに大きく変わったと思います。ちょうど 2001 年あたりから急速に普及しましたね。考えてみると、昔は想像もしなかったようなネット環境になってるのも、これまた不思議です。

  3. 2005/01/23 18:22 | #3

    Net Painterは色々思い入れもあり、コメントでは書き切れないだろうから記事を書いてトラックバック、とか考えましたが…なんかナカナカ書けなくて(^^;
    とりあえず…9でマルチユーザ対応でオリジナルのライブラリは保護されるので、接続時に(NetPainter中は)[オリジナルに戻す/親と同じにする/誰かと同じにする]などを選択できるようにするとか…(^^;
    なんというか、NetでうだうだPainter談義をする時にPainterそのものを使って互いに実演しながらチャットできる、というあたりに醍醐味がある(あった)ような気がします(^^)。
    あとは重いネットに文句をつけ、いつ接続が切れるか、フリーズや強制終了するか、とハラハラしながら共同で描く、というひねくれた連帯意識(?)…とか(^^;

  4. kaburaya
    2005/01/24 01:51 | #4

    Painter 8 あたりで古い仕様のレイヤーマスク編集もなくなりましたし、Net Painter も。Photoshop を中心としたプロフェッショナルのための道具として、Painter を再定義していきたいというところなんでしょうか。吉井さんが紹介している裏話も合わせて考えるとそんな印象。
    現実の問題としては、ルータ越えの設定がけっこうむずかしい、以前とは比較にならないくらい各ポートへの攻撃が頻繁であり、初心者に HTTP 以外で接続をさせるのは危険、などの要素もあるのでは、と思います。
    もっとも Net Painter してるパソコンをターゲットにしてスキャンするようなのは、マイナーすぎてなさそうですが。
    古いバージョンを持ってるどうしなら、それが動く OS である限りは使えるので、今すぐなくなるわけじゃないですけど。実演しながら Painter 談義、というのは楽しそう。(^.^)

  5. 2005/01/24 23:28 | #5

    >ルータ越えの設定が
    ですよね(^^;
    無難なのはHTTPプロトコルを(WebDAVみたいに拡張して)とか…
    いっそftp(スクリプトを小ファイルに分けて送るイメージ)や
    SMTP(スクリプトを小さなメールに分けて送るイメージ)に畳み込むとか(苦笑)

  6. kaburaya
    2005/01/25 06:12 | #6

    ルータ越えの実験をまだ実際にやってないので、どのくらいむずかしいのかよくわからないのですが、じつは、しぃチャットでも「親」になるのはむずかしいです。ということは、「親」的なサーバーが別にあって、みんなでそこに繋ぐならかなり簡単かもしれません。
    あと、訂正。Net Painter のデータは HTTP で流れてたと思います。UDP がどう危険とか、そういうのは無知でわかりません。

  7. kaburaya
    2005/01/25 06:14 | #7

    どっちにしても、これを新しくプログラムしなおすよりは、他にいろいろ問題をかかえているので……。ネット関係専門のプログラマがゲストに入ってちょっとやれば、すぐできそうな感触もなきにしもあらず、ですが。

Comments are closed.