Painter Tips Tricks & IdeasTricks & Ideas

どんな効果かというと

人物のピンナップや、自然の「癒し系」の画像によく使われる、明るい部分から光の靄(もや)が立ち上っているような効果です。よく見かけますが、ヘタにやると「あざとい」印象になる可能性があるので、使いすぎに注意しましょう。控えめに使えば、画像をいじった印象がほとんどないのに、なんかキレイな感じになると思います。

今回の最終結果はこれ。

これだけ見るとどうってことないのですが、次の「元画像」と比較すると、かなり印象が違うのではないでしょうか。

Photoshop で細かく調整したり、こういった目的のプラグインを使えば、きっちり作り込みができると思いますが、ここは Painter で「それなり」に。「それなり」なのでわりとシンプルです。

元画像と普通の調整結果

まず、元画像です。これは 25% に縮小したものです。デジタルカメラで白い花を撮影すると、白い部分が飛んでしまいがちなので、暗めに撮影しました。その結果、そのままではたいへん見栄えが悪くなっています。

Painter (フルバージョン)は基本的なフィルタ効果は揃っているので、「効果」-「色調効果」-「明るさ/コントラスト」を使って、画像を確認しながらスライダを調整すれば、簡単にそこそこ見られるぐらいにはなります。

でも、なんかマジメすぎて地味な感じも残りますね。というわけで、マジメ路線からはずれてみましょう。(次からの処理は、この基本的な画像調整もしないままで実行しました。)

光の靄(もや)を作る

layers この例では、キャンバス上の元画像の上に 3 枚のレイヤーを重ねています。順にこのレイヤーを作成していきます。

全部重なって、こうなります。

この画像からさらにモノクロ写真ぽくしてみても、単純なモノクロ化より「光がいっぱい」な印象になります。ここでは黒ではなく、緑がかった焦茶色でモノクロ化しました。

ついでに、ここで使ったモノクロ化の手順は次のとおり。

  1. クローン。
  2. 「選択範囲」-「自動選択」で「画像の明るさ」で選択。
  3. いったん選択範囲を解除。
  4. 白で塗り潰す。
  5. 「選択範囲」-「再選択」を実行。
  6. 好みの焦茶(あるいは他の色)で塗り潰し、選択範囲を解除。

ここで、「ぼかし」をかけるのに、同じファイル内でレイヤーにして効果をかけるのではなく、「クローン」作成によって、キャンバス上で効果を適用したのは、レイヤーに「ぼかし」をかけると、レイヤーの端が半透明になるという「おまけ」があるからです。通常はこれが必要なのですが、今回の場合は全体に不透明なままで「ぼかし」をかけたかったので、キャンバスで効果を適用してからペーストしました。レイヤーパレットでレイヤーの透明度をロックしておいても「ほぼ同じ」ですが、それでもレイヤーは「外周は黒」という計算になるので、ちょっと結果が違ってきます。

元画像が明るい場合、「ぼかし」をかけて「スクリーン」モードにするレイヤーの効果が強くかかります。その場合はレイヤーの不透明度を下げて調節します。

(Last Modified: 2006/01/12)