Painter Basics

2011 年 5 月 11 日に Painter 12 が公開となり、アメリカ向けの公式サイト ができました。注目すべき新機能などは同サイトで配布されている Reviewer’s Guide(PDF ファイル)で確認できます。以前のバージョンから追加になった機能については、同じく Compare Versions が比較リストです。

同じページの Features のタブを開くと、機能一覧とそれぞれのムービーによる説明があります。New! という文字がついているのが Painter 12 での新機能です。

また What’s new in Corel Painter 12 というムービーも用意されていますので、英語ではありますが、このムービーとその関連動画を見ておくと新機能が把握しやすいと思います。

公式サイトの「Free Trial」のタブを開いたページから試用版がダウンロードでき、機能制限なしで 30 日間使えます。

システム要件は次のとおり。

Windows 版
Windows 7 あるいは Windows Vista(32bit あるいは 64bit 版)、または Windows XP(32bit 版)、すべて最新のサービスパック適用ずみであること。
1 GHz より高速な CPU。
RAM は 1 GB 以上。
600 MB のディスクスペース(アプリケーション本体用)。
マウス、あるいはタブレット。
24ビットカラーディスプレイ環境。
1024 x 768 より広いスクリーン。
DVD ドライブ。
Microsoft Internet Explorer 7 以降のバージョン。
Mac OS 版
Mac OS X 10.5 あるいは 10.6(それぞれ最新バージョン)。
Intel Core Duo 以上。
RAM は 1 GB 以上。
300 MB のディスクスペース(アプリケーション本体用)。
マウス、あるいはタブレット。
1280 x 800 より広いスクリーン。
DVD ドライブ。

Windows 版では Microsoft .NET Framework 4.0 を使用するので、これのインストールにもディスクスペースが追加で必要になることがあります。
うちの PC は Windows XP で IE は 6 ですが、とりあえず問題なく動作しているようです。

Windows 版には 64bit バージョンが用意されました。動作はおおむね良好のようです。今回のリリースでは残念ながらMac OS 版の 64bit バージョンはありません。

Painter 12 のアップグレード版は Painter X あるいは 11(アカデミック版、その他の非商用バージョンは除外)を持っているユーザーが対象となり、以前より対象が狭くなっていますね。

試用する場合、あるいは購入した場合、追加コンテントのダウンロードもお忘れなく。公式サイトの Resources のコーナー から Extra Content のページに行くと、ダウンロードできます。

Extra Content ファイルをダウンロードした場合は、Workspaces は含まれていますので、さらに Workspaces をダウンロードする必要はありません。Windows 版の Extra Content は自動解凍のインストーラですが、必ず C:\Program Files\Corel\Painter12\ の下にインストールしてしまうというバグがあるようですので、ファイルがなかったらここを探してください。

新機能リスト

以下、Reviewer’s Guide で新機能として挙げられているものを書き出してみました。(別途、もう少し詳しく解説予定です。)

なかなか盛りだくさんな内容です。で、落ちないか……、というと、やっぱり落ちるときは落ちます。特に新しい機能や負荷をかける機能は要注意。新搭載のリアル水彩やリアルオイルブラシなど、重い処理が連続になる機能を使う場合は、CPU モニタを表示しておいて、CPU 負荷がいったんとぎれてから次のストロークを描くようにすると、原理上ちょっと安全になります。

Windows 版ではインタフェースは Microsoft .NET で構成されているようです。システム環境に影響される部分が増えたかもしれません。わたしの環境ではときどきひっかかったように反応がなくなることもあります。分単位で待てば復帰しますが。パネルの表示のアップデートが追いつかず、ブラシの設定その他、実際と違う表示になることもあるようなので、要注意。

Charako さんによる スクリーンキャプチャ入りの新機能解説 もどうぞ。

(2011/05/14)