Painter Basics

最新のニュースは ページのいちばん下 になります。

Painter X 英語版発表 (2007/02/06)

2007 年 2 月 6 日、コーレル本社(Corel Corporation)が Painter の次バージョンである、Painter X を発表しました。本社サイト上に プレスリリース(英語) があります。

Painter IX は 2004 年 10 月 18 日に発表されています。(プレスリリース)。途中で 9.1 という修正パッチ、2006 年 2 月 27 日(日時はいずれも英語版)には IX.5 (プレスリリース)という、Painter Essentials 3 の新機能を盛り込んだ、変更・改善の多い中間バージョンも出ていますので、「とても待たされた」という感じがなくて、また、中間バージョンで「バージョンアップ代金」が発生しなかったこともあり、このところの推移はあまり違和感がありません。本社でもかなり力を入れてくれてるようですね。

本社ウェブサイトにも Painter X のコーナー が開設され、30 日間機能制限なしに使える試用版がダウンロードできます。

もう少し詳しい情報は Painter X (英語版)速報 を参照してください。

Painter X 日本語版発売 (2007/04/13)

2007 年 4 月 13 日、Corel Painter 日本語版 が発売になりました。2 月 6 日に英語版の発表があり、販売開始は 2 月下旬、3 月 1 日には日本語版が発表されています。(これについては 吉井さん海津さん の報告あり。)

すでに無料体験版も配布されているので、購入前に動作の確認もできます。価格については、ワコムクラブ会員価格が安くなっているので、ワコムのタブレットを持っているかたはチェックしてみてください。

Painter X.1 アップデータ公開 (2007/06/22)

Painter X の アップデータページ が公開されました。その先の解説ページでは、英語版と日本語版が共通でこのアップデータが使えると書いてあります。ドイツ語版、フランス語版、イタリア語版については、すでに公開されているバージョンがこのアップデータの内容を含んだものなので、今回は必要ない、とも書いてあるようです。ダウンロードリンクは Macintosh 版Windows 版、となっています。このアップデートの内容は こちら

Painter Essentials 4 発表 (2007/10/12)

2007 年 9 月 27 日に プレスリリース が出ていますが、Painter Essentials 4 が発表されています。この紹介ページの右上の「Try」ボタンから試用版をダウンロードできるようにもなっています。

このバージョンは以前とくらべるとユーザーインタフェースが大幅変更になっています。新規ユーザーに少しでもわかりやすく、という努力をしているようです。チュートリアルも冊子で附属するようですし。が、これまでのバージョンを使っていたかたは、とまどうかもしれません。

その他には、Painter X で新規搭載のリアルブリスルがこちらにもついたこと、同じくフォトペインティングがより賢くなったこと、Intel Mac と Windows Vista にも対応したこと、あたりが改善点。Essentials の「縛り」の点では、Undo が 32 回までに増えたことや、用紙テクスチャの種類が増えたこと、フルバージョンにあった「カラーセット」や「ミキサー」が(多少機能制限があるものの)こちらにもついたことなど、地味ながらうれしい。

北米での価格は $99.99 (アップグレード版は $69.99)。

日本版の発表は ここ。2007 年 11 月 9 日発売予定。税込で通常版 9,980 円、特別優待版 7,980 円、アカデミック版 5,980 円。北米とは別の売り方をするようです。

Painter 11 発表 (2009/02/25)

2009 年 2 月 24 日、Corel の北米サイトに Painter 11 紹介ページ ができました。

このページには、フォト・ペインティング重視の Painter Essentials とは違う方向でフルバージョンから分岐した、簡単にアイディアスケッチを作成するための Painter Sketch Pad 紹介ページへのリンクもあります。

Painter 11 の新機能としては、カラーパレット(カラーホイール)、および、ミキサーパレットが拡大できるようになった、ブラシコントロールに「ハードメディア」という項目が追加され、鉛筆やチョークがよりリアルになった、均等な塗りができる「マーカー」の追加、「投げなわ」ツールに多角形モードが追加、カラーマネージメント機能が充実し Photoshop との互換性が高くなった、など。

価格はパッケージ版が $429、アップグレード版が $229。ダウンロード版(追加のブラシやアート素材なし)は $30 引き。アップグレード対象は Painter 6 以降のフルバージョン、CorelDRAW Graphics Suite の X3 および X4 となっています。

今回の同梱品には紙のマニュアルがないようです。チュートリアルはオンラインで提供。アドビの方式が基準になっていくんでしょうか。

Painter 11 日本語版発表 (2009/04/21)

本日 2009 年 4 月 21 日、Painter 11 日本語版の発表会がありました。また、発表会終了と同時jにコーレルの日本語ウェブサイトでも、Painter 11 の情報 が出ました。(プレスリリースのページは こちら。)

発表会は 2008 年 9 月に就任した新社長の堺和夫氏のあいさつに始まり、カナダのコーレル本社から出向いた Product Manager の Robert MacDonald 氏による新機能のデモンストレーションが続き、最後はかつて Painter 7 でそれまでの水彩が使えなくなったことで「Painter 6 を使い続ける」宣言をしたことがある寺田克也氏による実演。寺田氏の Painter の画面のカスタムパレットにはチョークのバリアントとデジタル水彩のバリアント、それぞれひとつだけ。レイヤーを使わず、細いチョークで線画を作成後、色サンプルを置いてそこからスポイトで拾いながらデジタル水彩で色を置き、さらに同じデジタル水彩のブラシで色をなじませる描きかたでした。Painter IX でデジタル水彩が旧水彩に近いものになったので、「使える Painter が帰ってきた」のだそうです。

パッケージ版の発売は 5 月 22 日(金)。ダウンロード販売は本日開始です。価格などはコーレルのウェブサイトで確認してください。アップグレード版は過去のフルバージョン所有者が対象ですが、「優待版」の適用範囲が広いので、たくさんのかたが該当すると思います。

新しいブラシエンジンを使ったブラシバリアント 40 種類(「マーカー」カテゴリ全部と、分散して追加された「リアル~」なバリアント、うち 2 つは「ブレンド」カテゴリ)が追加になり、ブラシバリアントの総数は 873 となりました。

その他、新機能については別ページで。現時点でのバージョンは、英語版が 11.0.016、日本語版が 11.0.020 です。

[ 2009/04/22 追記 ]
ウェブニュースでも Painter 11 発表会の報告が出ました。寺田克也氏が実演で描いた絵も見られます。

[ 2009/04/25 追記 ]
当日取ったノートを Painter 11 日本語版発表会レポート にまとめました。

吉井氏の新バージョン講評 もどうぞ。

[ 2009/04/28 追記 ]
ウェブ記事追加 ― デジタルペインティングソフト「Corel Painter 11」はどう進化したのか?(マイコミジャーナル)

Painter 11 最初の自動アップデート (2009/05/22)

ごく最近 Windows 版の Painter 11 を起動したかたは「自動アップデート」のダイアログが表示されてお気づきと思いますが、Windows 版 Painter 11 への最初のパッチが出ました。「自動アップデート」がうまくいかなかった場合、自動アップデートファイル(Hot Fix) を手作業でダウンロードして起動してもパッチが当てられます。

このパッチは英語版・日本語版の両方に適用可能です。英語版ではバージョンが 11.0.016 から 11.0.017 に、日本語版では 11.0.020 から 11.0.021 になります。バージョンの確認方法は Painter の正確なバージョンを確認したい を参照してください。

Windows 版のみに見られたストロークの描き出しがつまづく問題が、このパッチによってほとんど完全に修正された(まったく問題が出ないか、無関係な場所に描点ができる問題がたまに出る程度)という情報が、複数のユーザーから出ています。この問題のための Windows 専用パッチではないかと思われます。(Mac 版をお使いのかたは、最初からこの問題がないので、パッチも必要ではありません。)

[ 2009/05/23 追記 ]
Painter Factory に Product Manager の Robert MacDonald 氏より、Hot Patch Available という連絡投稿があり、「ストローク描画に関する不具合を修正するためのものである」という説明がありました。

Painter Sketch Pad インストールトラブル用パッチ公開 (2009/05/23)

Painter Sketch Pad の試用版をインストールして起動したことがあると、それをいったん削除したあとにインストールする Wacom Intuos 4 バンドルの Sketch Pad が起動できない、という問題があります。これについて Corel の Steve Szoczei 氏から、パッチ情報 が出ました。パッチは ここ からダウンロードできます。起動できない Painter Sketch Pad は インストールしたままで、パッチを適用してください、とのことです。

Painter Sketch Pad 単独販売開始 (2009/07/01)

Painter Sketch Pad 日本語版は Wacom Intuos 4 の発売時から Intuos 4 のソフトウェアつきバージョンにバンドルされていましたが、6 月 26 日から独立したソフトウェアとしてコーレルのサイトでダウンロード販売が始まりました。これは Painter 11 英語版発表と同時にコーレル北米サイトでダウンロード販売が開始された英語版をローカライズしたものです。特徴は以前に Painter の姉妹製品にあった Art School Dabbler のように、1 ファイルに複数ページが保存されること、ジャマになりにくい(ArtRage のような)必要時以外は消えてくれるパレット類、あたりでしょうか。

Sketch Pad 日本語版ページ に機能紹介と試用版ダウンロード、および、購入のリンクがあります。価格は 13,440 円となっています。パッケージ製品版はありません。

Painter 11 パッチがリリース予定 (2009/12/22)

Painter Team の Robert MacDonald さんによる Painter Factory 内の 記事 での情報によると、Painter 11 の本格的なパッチが 2010 年 1 月 6 日にリリース予定とのことです。

当初はクリスマスシーズン前にリリースする計画だったこのパッチですが、Windows 7 および Mac OS 10.6 上での WACOM タブレットの挙動で新しい不具合が出てきたため、公開が少しのびました。修正内容は以下の点をふくめ、かなり広範囲にわたるとのことです。

[ 付記 ]
Painter Essentials 4 については、すでに 10 月 30 日に 4.3 への アップデータが公開 されています。正規版(タブレットのバンドル版ではないもの)についてはブラシの追加など(いくつかは Charako さん 提供)もありますので、こちらもお忘れなく。

Painter 11 アップデータ(SP1)公開 (2010/01/07)

Painter Factory でも予告がありましたが、このたび Painter 11 SP1 が公開されました。コーレルの日本語サイトの「アップデータ ダウンロード」セクション内、Painter シリーズ のページから Corel Painter 11 アップデータ のページに進んでください。

Corel の英語サイトでは、Patches and Updates セクションの Painter 11 のページにあります。このアップデータは、すべての言語バージョンの Painter に共通です。適用すると、Painter 11 の詳細なバージョンは 11.0.1.42(Macintosh 版は 11.0.1.43)となります(バージョン確認の方法は こちら)。Painter 11 でとりあえず重大な問題だった、消しゴムに切り替えてからサイズ変更し、その後もとのブラシに持ち替えたときに、ブラシサイズがおかしくなる問題は、このアップデートで解消されました。

アップデータ公開ページに記載がある修正のほか、レイヤーリストのサムネイルの表示更新が早くなり、実際の内容からずれて表示されることがある問題が解消されているのを確認しました。

[ 付記 ]
Charako さんのところに、修正箇所の詳しい検証と説明 が掲載されましたので、細かい問題も把握しておきたいかたは、ぜひどうぞ。

[ 付記 2 ]
Painter Factory の投稿 で、Macintosh 版がうまくアップデートできない問題が報告されています。この問題への対応として Corel 側からの指示は、いったん Painter 11 をアンインストール(ゴミ箱への移動)後、新規インストールを行い、そのまま起動することなくアップデータを当てるように、というものです。これでうまくいったという報告もありました。

CorelDRAW Graphics Suite X5 発表 (2010/02/24)

現地時間で 2 月 23 日、CorelDRAW Graphics Suite X5(英語版)が発表されました。新バージョンの特徴は次のとおり。(CorelDRAW は Painter と違って Windows 版のみです。)

Graphics Suite に同梱されるアプリケーションは、CorelDRAW X5、Corel PHOTO-PAINT X5、Corel PowerTRACE X5、Corel CAPTURE X5、および、Corel CONNECT。付属ツールに、Barcode Wizard、Duplexing Wizard、Bitstream Font Navigator、SWiSH miniMax、PhotoZoom Pro。付属素材として 10,000 点のクリップアートとデジタル素材、2,000 点の車両テンプレート(ステッカーやステンシル作成用のようです)、1,000 点の高画質デジタル写真素材、1,000 種類のオープンタイプ・フォント(うち、Windows Glyph List 4 フォント 75 種類、エングレービング用フォントが 10 種類)、350 点のテンプレート。ガイドブックはパッケージ版には印刷物、その他にはデジタル版が付属。2 時間ぶんのトレーニングビデオを DVD で提供。

価格はパッケージ版が 499 ドル、ダウンロード版が 489 ドル。アップグレード版はそれぞれ 199 ドルと 189 ドル。ダウンロード版の販売は発表と同時に開始。

Painter そのもののニュースではありませんが、CorelDRAW は Corel の主力製品であり、その動向は Painter の開発にも影響すると思われます。堅実な発展を望みたいところです。日本語版については、まだニュースがありません。

Wacom Cintiq 21UX 仕様更新 (2010/03/02)

Wacom のニュースリリース によると、液晶ペンタブレットの Cintiq 21UX が機能刷新して 3 月 26 日に販売開始とのことです。タブレット機能は Intuos 4 と同等にグレードアップ、ファンクションキーやトラックパッドも改良されました。表示サイズ 21.3 型、1600 x 1200 ドット(UXGA)、本体重量 8.7kg、ワコムストア価格 税込 228,000 円。

CorelDRAW Graphics Suite X5 日本語版発表 (2010/08/19)

2010 年 8 月 18 日、CorelDRAW Graphics Suite X5 日本語版が発表されました。ダウンロード版の販売はすでに開始、パッケージ版の発売は 9 月 10 日です。Corel Corporation は 1985 年の創立であり、今年は 25 周年にあたるそうで、それを記念したキャンペーン(後記)も実施とのこと。CorelDRAW は Corel のフラッグシップと言いますか、1989 年に完全自社開発で発売、1995 年には 32 ビット対応の Version 6 を Windows 95 と同時発売、とか立派な歴史があります。Painter にも欲しい機能もたくさん搭載されていますが、CorelDRAW は Windows 版のみ、Painter の開発は Macintosh を中心に Windows 版を並行開発、という状況らしいので、機能の移植はむずかしいらしくて残念。

CorelDRAW Graphics Suite X5 のキャッチコピーはクリエイティブなデザイン制作のための統合デザインパッケージとなっています。「全部入り」で Illustrator や Photoshop 単体より価格が安い(いちばん高い通常版で税込 57,540 円)のが何よりのセールスポイントですが、ユーザーインタフェースが親切だったり、レターヘッドや名刺、パンフレット作成にはとても向いていたり、「小規模ビジネスの味方」的ツールとして最強ではないでしょうか。フリーハンドで描いたものを自動的に推測してきっちりした図形に変換してくれる「スマート描画ツール」なんかが、CorelDRAW の精神みたいなものを象徴しているように思います。テンプレートやクリップアートが大量についてくるので、ちょっと昔なら「野ばら社の図案集」で切り貼りして作ったような感覚で、とりあえずとても簡単にパンフレットなどが作成できますが、高度な機能も揃っています。日本以外では認知度が高いので、英語で検索するといろいろ解説がある(Painter よりずっと情報が多い)のも利点かもしれません。

新バージョンの詳細は CorelDRAW Graphics Suite X5 日本語公式サイト で。また、プレス発表会のようすが コーレル25周年:コーレル、デザイン製作のための統合スイート「CorelDRAW Graphics Suite X5」(ITmedia +D PC USER)や コーレルが新グラフィック統合ソフトを発表 (日経パソコン)で報じられています。

そういえば、X4 日本語版のときはプレス発表会がなかったんですね。コーレルジャパンが現在の堺社長の体制になる直前とかで対応できなかったのでしょうか。ともかく、これから日本のユーザーからのフィードバックを意欲的に聞いていきたいということで、やる気を感じられる体制になって Painter ユーザーとしても期待しています(CorelDRAW も 12 から使っています)。

ちなみに、「X5」の読みかたは「じゅうご」とか「えっくす・ご」ではなく、「えっくす・ふぁいぶ」のようです。

X5 の新機能

新機能がいろいろあるようです。活用していないわたしには、重要度がよくわかりませんが、とりあえず概要を羅列しておきます。ちょっと前の 英語版発表 の記事とかぶるところもあります。実際にどんな画面でどんな操作になるのかについては、コーレルドロ王CorelDRAW X5 英語版プレビュー がたいへん参考になります。

創立 25 周年を記念して CorelDRAW Graphics Suite X5 無償モニター募集 というキャンペーンも実施されます。対象は一般企業と教育機関のみですが、組織内でパソコン関係の選定に影響力がある立場のかたはかなり多いと思います。「全部入り」という表現をしましたが、値段を考えると「それ以上」の内容があるものですので、ぜひ検討してみてください。

Painter 12 ベータテスター募集開始 (2010/11/10)

Painter Factory で Painter 12 ベータテスター募集の告知がありました。コーレル本社の Beta Programs から応募できます。必要な環境は次のとおりです。

Windows 版
Windows 7、Windows Vista、または Windows XP(最新のサービスパック適用ずみ)。
Paintium IV、700 MHz より高速な CPU。
RAM は 1 GB 以上。
マウス、あるいはタブレット(タブレット推奨)。
24ビットカラーディスプレイ環境。
1024 x 768 より広いスクリーン。
Mac OS 版
Mac OS X 10.5 あるいは 10.6(それぞれ最新バージョン)。
Intel Core2 Duo 以上。PPC は不可。
RAM は 1 GB 以上。
マウス、あるいはタブレット(タブレット推奨)。
24ビットカラーディスプレイ環境。
1024 x 768 より広いスクリーン。

ベータテストはすべて英語でやりとりがおこなわれるため、英語は必須です。