Painter Basics

Painter 12 でユーザーインタフェースが大幅に変更になった影響で、「照明効果」のダイアログから設定の保存、書き出し、読み込みの機能が削除されてしまいました。以前のバージョンで保存した設定を Painter 12 に持ってくることは、ライブラリ読み込み経由ではできなくなったわけです。

いっぽう、Painter の「効果」は基本的にスクリプトに設定を含めて保存されます。Painter 12 でも使いたい照明効果の設定は、旧バージョンでこの設定を使った照明効果の適用をスクリプトとして保存し、このスクリプトを Painter 12 に読み込むことで、持ってくることができます。

Painter 11 までのバージョンでも、照明効果の設定をスクリプトを使って保存すると、照明効果のダイアログを開かずにカスタムパレットからボタンひとつで効果をかけることができて便利です。

照明効果のダイアログ

Painter 11 日本語版のダイアログはこのようになっています。「照明効果」は Painter 2 で搭載されましたが、そのときから基本的に変化がありません。このダイアログで左下にある、「照明ライブラリの編集」、「ライブラリ」、「保存」のボタンは Painter 12 ではなくなりました。

照明効果ダイアログ

照明効果の設定

光源

光源の設定は左上のプレビュー窓でおこないます。上のプレビューで右寄りにひとつ見えるアイコンが光源のアイコンです。このアイコンの大きい円をつかんでドラッグすることで、キャンバスに当たる光の中心の位置を変えることができます。(光源そのものの位置ではないことに注意。)

プレビュー内のすでにある光源アイコン以外をクリックすると光源の追加ができます。ダイアログのプリセットの左から 3 つめに見えるように、複数の違う色の光源を設定することができます。意図しない場所に光源を追加してしまったときは、それにフォーカスがある状態で Backspace あるいは Delete キーを押すことで消去できます。

光源の方向(キャンバスの真上から見た方向)は、アイコンの小さい円をつかんでドラッグすることで調節できます。

ダイアログ右側の設定は、それぞれの光源について個別におこないます(露光の量、環境光の量、環境光の色は共通)。設定対象の光源を切り替えるには、目的の光源アイコンをクリックします。

照明の色

それぞれの光源の色、および、環境光の色は、ダイアログの四角い表示をクリックして変更できます。

スライダ設定

下の図で、光源の位置を Light Source、キャンバスに当たる光の束の中心を Light Center、光の束の幅を Spread、キャンバスに対する光源の角度を Elevation と表示しています。

Light Center とあるのが光源アイコンの大きい円の位置です。アイコンの小さいほうの円は、光源の方向のみを示し、その延長上に光源(Light Source)があることになります。

光源設定の諸要素

照明効果の設定をスクリプトとして保存

スクリプトの保存についての概要は Painter のスクリプト機能 を参照してください。「照明効果」の設定を保存するには、次の手順で。

  1. スクリプトパネルのメニューから「スクリプトオプション」を選択、「Record Initial State / 開始時の環境を記録」のチェックマークをはずしておく。こうすることでスクリプト記録時に選択されていた用紙テクスチャ、パターン、その他いろいろの条件を無視して、汎用性の高いスクリプトになります。
  2. 「照明効果」を適用する直前まで作業をすすめる。
  3. ここでスクリプトの記録を開始する(スクリプトパネルの ● をクリック)。
  4. メニューから「効果」-「表面効果」-「照明の適用」を選択して、照明効果のダイアログを表示。プレビューを見ながら照明を調節する。調整しおわったら「OK」をクリックして効果を適用。
  5. この時点でスクリプトの記録を停止する(スクリプトパネルの ■ をクリック)。
  6. 保存したスクリプトに名前をつけて保存するように要求されるので、名前を入力して「OK」で保存。結果に不満があるときはここで「キャンセル」を選べば、スクリプトは保存されず破棄されます。
  7. スクリプトパネルに保存したスクリプトが追加されたのを確認。

要するに、「効果」をスクリプトに記録するときは、メニューからその「効果」を呼び出す直前からスクリプトの記録を始め、効果のダイアログで「OK」をクリックして効果の適用が完了した時点で記録を停止します。

スクリプトデータの内容

次の式は、「照明効果」のプリセットの先頭にある「グラデュアル(斜)/ Gradual Diagonal」を適用するときにスクリプトを記録して、それをエクスポートした結果の、照明効果にかかわる部分だけの抜き書きです。

apply_lighting exposure 0.84 ambient red 0.23 green 0.23 blue 0.23 lights 1
light x 0.82 y 0.60 dist 1.75 vx 0.07 vy 0.06 vz 1.00 spread 0.48 brightness 1.05 color red 255 green 255 blue 255 end_lighting

上の式の要素は次のとおり。

光の中心と光源位置との関係

以上、推測で書いています。Painter のマニュアルは「照明効果」の詳細設定については、非常にわかりにくくなっています(Painter 2 ですでに不明瞭な記述になっており、それ以後まったく改善されず)。プレビューを見ながら設定すればなんとかなるので、あまり問題ではないのですが、スクリプト内容を読んだり、エクスポートしてから手直しして再読み込みしたりするときには、少しでも論理的な指標があったほうがよいと思って、動作から分析してみました。

Painter 12 のスクリプト編集ダイアログ

Painter 12 はスクリプトの編集ダイアログの形式が変わり、コマンドのコピーやペーストができなくなっていますが、数値の調整は以前と同じようにできます。上でエクスポートしたのと同じ設定で「照明効果」を記録したものを、編集画面で開くとこのようになります。

Painter 12 のスクリプト編集ダイアログ

スクリプトパネルから開く編集画面での項目名と、エクスポートしたテキストファイルの記述での対応は次のようになるようです。

以上、エクスポートした照明効果のスクリプトを編集してみよう、というときのための覚書でした。

(2011/06/19 - 2011/06/20)