Painter Basics

ファイルの形式

Painter のブラシ定義が XML ファイルになったのは Painter 7 からです。それまではすべての項目を同時に開いて見ることができないバイナリファイルでした。Painter 7 以来、バージョンアップごとにブラシに新しい要素が加わり定義項目が増えてきていますが、大項目は同じで上位互換があります。「painter-brush-definition」で始まる定義には、下の表のような大項目があり、その中に XML のルールに従って各項目のタグがあって、設定内容が格納されています。

XML ファイルのほかに、描点がキャプチャ画像のものは、その画像データがファイル名の本体部分が同じ JPEG ファイルで存在します。また、ファイルの名前の本体部分が同じ NIB ファイルと STK ファイルは、ブラシバリアントをリスト表示するときに使うアイコンとストローク用のデータです。後者 2 つは、存在しない場合は Painter が自動的に生成します。

この定義ファイルの正しい格納場所については、配布ブラシの追加方法 を参照してください。

設定項目

各セクションの項目数のバージョンごとの推移はこうなっています。より後のバージョンで追加された項目は、それより前のバージョンの Painter では起動時にエラーを生じるので、新しいバージョンから古いバージョンにブラシの XML ファイルを持っていくときには、古いバージョンに合わせて項目を削除する必要があります。

セクション7891011
format-control22244
brush-type88888
physical-brush1919202737
dab-application2424343438
stroke-path1514141414
color66666
cloning55555
well44444
realtime-expression1932323233
plugin66666
interface22222
合計110122133142157

以下、項目の変遷についての注釈。

  1. 最後の「インタフェース」の項目は、Painter 7 までの「コントロールパレット」にブラシの設定項目から 2 つまで選んで常に表示しておくことができる(カスタムコントロール)、という機能の痕跡。現在はプロパティバーに複数のブラシパラメータが表示されるようになり(種類は選べない)、この設定は意味がなくなっている。
  2. Painter 7 で「新水彩」と「リキッドインク」が搭載されているので、すでにここで「dab-application-parameters」のパラメータは Painter 6 で内部的に持っていた数から 15 項目くらい増えている。
  3. Painter 8 より前は「方向」によってブラシのコントロールをする場合、すべての要素を同じ「方向」設定でコントロールすることしかできなかったが、Painter 8 でそれぞれの要素を別々の角度設定で制御できるようになり、一挙に表現セクションの項目がふえた。と同時に、従来「ストローク」セクションにあった(まとめてひとつしかない)「方向」の項目はなくなった。差し引き 12 項目の増加。
  4. Painter IX で「アーティストオイル」ブラシが追加され、その関連で描画に関する項目が 8 つ、ブラシ形状に関する項目が 1 つ、加わった。また、描画セクションに新水彩でのブラシの動きを軽くするための「ぼかし処理待ち」と、キャメルヘア系ブラシの処理を間引いて速度を上げる「ブースト」の項目が追加になった。
  5. Painter X で「ワークスペース」のカスタマイズが導入され、製品に付属するブラシバリアントの定義ファイルはすべて英語バージョンのものを使い、日本語版のブラシ名は変換リストを使って表示するようになった。これに伴い、「フォーマット」のセクションに substitution 関連項目が 2 つ追加された。
    「リアルブリスル」という概念が導入され、そのためのパラメータ 7 項目がブラシ形状セクションに加わった。
  6. Painter 11 では、「ハードメディア」という概念が導入され、これに伴ってブラシ形状セクションにハードメディア関連項目が 10 項目追加された。
  7. 項目のみでなく、項目ごとに設定できる選択肢も少しずつ増えています。

Version 3 以降の Painter Essentials では、ブラシ設定の XML にプロテクトがかかっているようで、ファイルをコピーしてカスタマイズすることでバリアントを増やすことはできません。

バージョン間で違う行・一覧

Painter 11 から Painter X、さらにその前へとさかのぼっていったとき、削除しないとエラーになる行のリストです。項目だけでなく選択肢にも互換性のないものがあることにも留意してください。

冒頭のバージョン番号やブラシ名の定義は、いまのところ Painter が読み込むときに実際にデータとして使っていないようなので、変更しなくてもエラーになりません。

Painter 11 から Painter X

「physical-brush-parameters」の中、論理行で数えて次の行。

28    min-x-squeeze
29    min-y-squeeze
30    max-x-squeeze
31    max-y-squeeze
32    squeeze-log

36    use-feature-map
37    min-feature-map
38    max-feature-map
39    min-feature-rad
40    max-feature-rad

62    min-grain
63    max-grain

88    transition-start
89    transition-finish

169   velocity-bias

Painter X から Painter IX

冒頭と physical-brush-parameters の中。

 5    substitution-table
 6    substitution-index

41    dm-fanness
42    dm-roundness
43    dm-profile
44    dm-length
45    dm-rigidity
46    dm-friction
47    dm-height_min

Painter IX から Painter 8

「dab-application-parameters」を中心に次の行。

30    oil-profile

65    delayed-diffuse
66    boost
67    oil-load
68    oil-viscosity
69    oil-blend
70    oil-bristling
71    oil-clumpiness
72    oil-trailoff
73    oil-wetness
74    oil-dirty-mode

Painter 8 から Painter 7

まず、次の「direction」関係の行を削除します。

118    direction-angle
119    direction-bleed
120    direction-color
121    direction-depth
122    direction-feature
123    direction-flow
124    direction-grain
125    direction-jitter
126    direction-opacity
127    direction-rank
128    direction-resaturation
129    direction-size
130    direction-volume

その後、論理行で 68 行目に「[タブ][タブ] direction="0.0"」という行を挿入します。

基本的に XML ファイルを並べて目で見て比較しただけなので、間違いなどありましたら指摘してください。

それぞれの項目の意味などについては、また別ページで書く予定。Painter 8 までの XML 項目解説は JUMA さんの 梅の実 にあります。

2009/06/27 ― Painter 11 での追加項目で抜けていた部分を修正。

(2009/06/21 - 2009/06/27)