Painter Basics FAQPainter Basics : FAQ

Painter 11 での変更点

Painter 11 では「変形ツール」が独立したツールとして追加になりました。(ツールボックスの右上の「レイヤー調整ツール」を長押しするとフライアウトして出てくる、点線の四角の中に白いマウスカーソルのアイコンのツールです。)

この「変形ツール」はまだ発展途上っぽいところがあり、変形後のイメージの画質が落ちるなどの欠点がありますが、ツールを選択するとプロパティバーが出るので使いかたがわかりやすくなり、選択範囲をいったんレイヤーに変換する、といった、慣れないとわかりにくい作業をはぶくなど、全般的に親切になっています。

この変更に伴い、これまで「効果」メニューの下にあった「変形」関係の項目がなくなり、「編集」メニューの下に移動しました。同時に、これまでの、「自由変形」を選択することで「リファレンスレイヤー」モードに移行し、そこからレイヤーのハンドルをつかんで変形する、という流れはなくなりました。

リファレンスレイヤーを使う

しかし、リファレンスレイヤーは残っています。変形対象となるレイヤーが選択されている状態で、「レイヤー」メニューから リファレンスレイヤーに変換 を選択してください。これで以前と同じように、レイヤーの角のハンドルをつかんで変形できます。

Ctrl キー(Mac では Command キー)を押し下げながらハンドルにマウスポインタを近づけると、角のハンドルは回転モード(ハンドルの周囲に回転矢印が表示される)、辺の中央のハンドルは歪みモード(ハンドルから出る矢印の方向が斜めになる)に、それぞれ変化するのも、以前と同じです。

リファレンスレイヤーには、変形を確定せずに他のレイヤーの作業に移動できるというたいへん便利な特徴があります。また、変形途中ではデータは元のままで仮の表示を使い、確定時に実際の変形処理を行うので、途中でイメージが劣化することもありません。Painter のたいへんおすすめな機能のひとつです。

関連機能をショートカットキーで呼び出す

以前のバージョンでは「自由変形」でリファレンスレイヤーになった状態で使えた「変形設定」ダイアログ呼び出しの項目もメニューから消えました。しかし、このダイアログも完全になくなったわけではなく、「環境設定」の「キー設定」画面でこのアイテムにキーを割り当てることで、使えるようになります。

「環境設定」-「キー設定」で「その他」カテゴリを選択。一番下に「参照変形の設定...」という項目がありますので、これにキーを割り当ててください。

(2009/04/23)