Painter Basics

Painter の用紙テクスチャのライブラリは、専用のバイナリファイルです。Painter 以外のビューワーなどから確認できず、また、他のユーザーとやりとりするにも、ライブラリの中にどんなテクスチャが入っているのかわかりにくくて不便です。

しかし、このテクスチャのデータはわりと簡単な操作で単純な 256 階調グレーの画像に変換することができます。変換したあとは好きなファイル形式で保存しておけます。

内部使用するデータなので 256 階調グレーですが、Painter ではすべての画像ファイルが RGB 形式なので、変換して作成したファイルが Photoshop のようなグレースケールファイルになるわけではありません。見た目がグレーな RGB 画像です。

テクスチャサイズの確認 「テクスチャパレット」の中ほどに、選択されているテクスチャのサイズが表示されているので、これを確認します。

テクスチャの倍率、コントラスト、明度は、デフォルト状態の 100%、100%、50% にしておきます。

テクスチャを表現ダイアログ

あとは好きなファイル形式で保存するだけです。Painter 11 からは PNG 形式での保存もできるようになり、このようなファイルの保存には便利だと思います。

(2009/05/06)