Painter Basics

用紙テクスチャを自作するには、テクスチャセレクタ、あるいは、テクスチャパレットのメニューにあるテクスチャの取り込みを使うのがいちばん普通で簡単です。「取り込む」わけですから、材料が必要です。デジタルカメラで撮影した画像がもっとも適当だと思います。

ここでは、Painter に最初から入っているような、ブラシストロークに表情をつける小さめの「継ぎ目のない繰り返しテクスチャ」の作成を解説します。サイズの大きい画像をそのまま使ってアナログ感を出すという使いかたもあります。

基本の前処理

素材画像のサイズ変更

素材画像の明度調整

ここで、繰り返しループになるテクスチャの継目がそれほど気にならない場合は、次の手順で続行します。継目を消すには下の ループ処理(継目を消す) へ。

取り込みと保存

イメージ上で矩形選択

セレクタのメニュー

テクスチャ保存ダイアログ

テクスチャ保存完了

継目のないテクスチャを作る

Painter のテクスチャ保存時のクロスフェードに頼らず、手作業で継目を消すには 継目のない画像を作る 手順を実行します。境界部分にボケのない、たいへんきれいなテクスチャができます。この方法で作成したテクスチャを保存するときは、クロスフェードは「0」にします。

テクスチャの作成

テクスチャセレクタ、および、テクスチャパレットのメニューには、「テクスチャの取り込み」のほかに、テクスチャの作成という項目があります。これは「ハーフトーン」のパターンをさまざまな解像度と角度で作成するためのものなので、あまりブラシのためのアナログっぽい用紙の作成には向かないため、ふだんは無視しておいていい機能です。

しかし、「効果」ー「表面処理」メニューのスクリーンの適用テクスチャの作成で作ったハーフトーンを参照元にすると、たいへん簡単にハーフトーンスクリーンによる二値化ができる、という隠れた用途があります。

ハーフトーンスクリーンの作成

ダイアログでの操作は、ドロップダウンリストからパターンの種類(ハーフトーン、新ハーフトーン、直線、楕円、など)を選び、パターン 1 単位のサイズと回転角度を設定して名前をつけて保存するだけです。

(2009/05/06)