Painter Basics

明度補正の使いみち

Painter は主に「ブラシを使って絵を描く」ためのツールですが、コンピュータで画像を扱う上での基本的な処理はひととおりこなせます。「効果」メニューをプルダウンしてみると、それなりにいろいろと。「効果」-「色調処理」の下に明度補正という項目があります。これは Photoshop の「レベル補正」にあたるもので、画像の「明るさ」と「コントラスト」を同時に調整します。

さらに細かく調整したいときは「効果」-「色調処理」-「色補正」を使ってください。RGB のチャンネル個別に調整したり、カーブを使うことができます。

明度補正(レベル補正)がよく使われるのは、スキャン画像を適正化するときなどですが、まず原理を把握してください。

オリジナル画像 ここでは、この画像に明度補正効果を使うとどのような結果になるのかを見ながら、設定項目の説明をしていきます。明度補正効果はダイアログを出した状態で後ろの画像そのものがプレビュー状態になるので、プレビューを見ながらいろいろ設定を変えて望みの結果に持っていけます。

ダイアログの要素と機能

「効果」メニューから明度補正を選ぶと、画像の手前にこのようなダイアログが表示されます。このとき、何もしなくても Painter が勝手に判断して、ある程度の調整をした状態で数値が設定されています。ここでは自動調整によって、上のオリジナルよりコントラストがかなり上がっています。

明度補正・自動

明度補正ダイアログでつかんで動かせるのは次の 3 つの要素です。中央の白い窓にはヒストグラムが表示されます。(この画像の例では白い部分が多いので、右にかたよった部分に狭い山があります。)

明度補正ダイアログ

黒点と白点の設定

もし Painter が勝手に自動調整しなければ、各スライダは下の図のように、黒点が左端、白点が右端、明度の調整点は中央にあるはずです。

明度補正・初期状態

自動調整されている状態からここまで黒点白点を広げると、少し上がっていたコントラストが元の状態まで下がるのがわかります。すなわち、黒点と白点の距離が小さくなるとコントラストが強くなるわけです。

明度補正・コントラスト上げ

自動調整で設定された位置よりさらに黒点を右に持っていってみます。

黒点白点を設定することは、左が黒、右が白という階調のなかで、黒点より左はすべて黒、白点より右はすべて白として階調を再配分することになります。黒と白の間が狭くなるとコントラストが上がります。

スキャンした画像で紙の色が薄く出ているときは、白点を少し左に寄せて紙の色を白とみなす処理をします。同じように、スキャン画像の線画の黒がボケてグレーになっているときは、黒点を少し右に寄せて、濃い灰色をすべて黒に変換したり、というように使います。言いかえれば、黒点より左は黒ベタ白点より右は白ベタということです。

上の例では線画の薄い色の部分のほとんどがとみなされるような位置まで黒点を右に動かしたので、線画の大部分が階調のない黒になりました。

明度の設定

では、初期状態で中央にあった明度の調整点を動かすとどうなるでしょうか。まず左側に寄せてみました。

明度補正・ガンマ上げ

階調がツブレることなく全体に明るくなります。画像のガンマ値が上がった状態です。

明度補正・ガンマ下げ

逆に右に持っていくと、ガンマ値が下がり、階調を保ったまま暗くなります。(ガンマ値が下がるということは、中間的なグレーの位置がより濃い方向にずれ、それより暗い部分と明るい部分が階調の上で再配分されるということです。)

Painter の「色調処理」効果グループには、この明度補正や上で触れた色補正のほかに「明度/コントラスト」という項目もあり、黒点白点を変更しなくてもよい調整にはわかりやすくて手軽です。いっぽう、明度補正には「自動調整」機能がついていて、特にデジカメ写真などでは、ちょっとキツめですがほぼ正しい方向に自動補正してくれますので、そこを出発点にしてスライダを調整すると手早く補正ができて便利です。

この機能の原理についてもっと詳しく知りたいかたは、「レベル補正」で検索すると Photoshop などを使った画像処理の解説ページが出てきますので、参考にしてください。

この線画に色をつけたものが、ギャラリーの「らくがき」セクションの 赤い髪 になりました。

(2009/07/01)