minishowcase とは

画像ファイルを FTP 経由でアップロードするだけでギャラリーが作れる PHP スクリプト(javascript 併用)です。ひたすら簡単に写真を公開する試みとして、このサイトでも 設置 してみました。スクリプトは minishowcase.net からダウンロードでき、無料で使えます。写真などをできるだけ手間をはぶきつつ、それなりに見やすい形で展示できます。ただし、個別の画像に説明をつけることはほとんどできません。説明が必要な場合は simpleviewer がよいかもしれません。

必要な環境は PHP 4.2.0 以降。GD/GD2 がインストールされていればサムネイルが自動生成されます。GD/GD2 がない場合は設定でサムネイルの自動生成をオフにして、手作業でサムネイルを作成することになります。

できること、できないこと

フォルダやファイルの名前で、スペースが入るところには「_」アンダーバーを使うようにします。スクリプトで表示されるときには、アンダーバーが見えなくなります。

インストールと設定

配布サイト からローカルディスクにダウンロードした圧縮ファイルは解凍し、フォルダ構成はそのままでサーバにアップロードします。サーバ上で書き込みが行われるディレクトリは、書き込み可になっているか、また、親フォルダのパーミッションもスクリプトを動作させられる設定になっているか、確認してください。解凍したファイルの中にある Instructions.htm にインストール手順の記述(英語)があります。その最新版は こちら

画像ファイルをアップロードする位置は gallery の下になります。ここにグループごとにフォルダを作成し、その中に個別の画像を入れます。フォルダの名前がメニューに表示されるセクション名になりますが、フォルダ名にはスペースは入れず、必ず「_」(アンダーバー)にしてください。これはメニュー上ではスペースに変換されます。

表示されるメッセージなどは、時間がなければそのままにしてフォルダ作成と画像のアップロードを始めてもかまいませんが、いずれはカスタマイズしたほうがよいと思います。

ギャラリー全体の説明文は gallery フォルダ直下、個別のフォルダの説明文は gallery フォルダ内のそれぞれのフォルダの中の _info.txt というファイルを編集します。このファイルは日本語が使えます(文字コードは UTF-8)。

その他は config/settings.php を編集。とりあえず気になるあたりのカスタマイズはこのへんで。

その他、このファイルに記述がある設定の項目の主なものについての説明です。

パスワード設定

パスワードをかけるには、gallery フォルダの下の個別のフォルダ内部にパスワードファイルを設置します。それぞれのフォルダのパスワードを設定する前に、まずすべてのフォルダで共通して使うパスワードファイルのファイル名を決める必要があります。この設定は config/settings.php の $settings['password_filename'](95 行目あたり)の部分にあるので、デフォルトの 'password' のシングルクオート内を推測されにくいものに変更します。

次に、変更後の文字列が secret であれば secret.php というファイルをそれぞれの画像フォルダの中に作成します。さらに、このファイルを開き、それぞれのフォルダに合わせて英数半角でパスワードを記入して保存、これをアップロードします。

パスワードファイルがあるフォルダはメニューに表示されたときに錠前マークがつき、メニューから選択したときにパスワードの入力を求められるようになります。

Tips & Tricks

公式サイトの Tips & Tricks から、あれこれ。

テーマのカスタマイズ

デフォルトでは黒背景の dark というテーマが選択されています。テーマは themes フォルダの中に格納されているので、その中からひとつフォルダごとコピーしてリネームし、その中の data.php を編集することで、新しいテーマを作成できます。どのテーマを使用するかの設定は config/settings.php の 103 行目あたり。

画像アップロード前に

画像についての説明ページをつける

minishowcase はデータベースやデータファイルを使わないので、個別の画像についてのコメントを表示することはできませんが、それぞれのフォルダの中に入れるフォルダの説明ファイル(デフォルトではファイル名 _info.txt)は HTML に対応しており、太字やリンクも可能です。各フォルダに格納した画像について説明をつけたいときは、わかりやすい場所に説明を記述した HTML ファイルを作成して、_info.txt 内からそこにリンクしておくと、サムネイル一覧から説明に飛ぶことができます。

このサイトの Photo Storage には実例があります。

2010/03/30 ― ソート順設定を補足。

(2010/02/27 - 2010/03/30)