Painter 関連ファイルタイプ

  • Painter IX までは基本的にバイナリで拡張子は 3 文字(Macintosh ではリソースタイプによる判断で拡張子なし)。
  • 古いバージョンではデフォルトライブラリのいくつかがメインの設定ファイル内に組み込みになっているので、別ファイルではない。
  • 古いバージョンから内容がテキストファイルなのは、カラーセットのデータ。
  • Painter X で拡張子の文字数がふえましたが、内容的には変わらず。
  • データ形式の変更でもっとも重要なのは、Painter 7 でのブラシデータのバイナリから XML ファイルへの変更。
拡張子 データの種類
*.brsPainter 6 までのブラシファイル。1 ライブラリが 1 ファイル。
*.frs, *.selections選択範囲ポートフォリオ1)(バイナリ)
*.grd, *.gradientsグラデーションライブラリ(バイナリ)
*.lit, *.lighting照明効果ライブラリ(バイナリ・コピーや移動不可)
*.looks複合ブラシライブラリ(バイナリ混合)
*.mxsミキサーパッド(書き出したもの、バイナリ)
*.mswミキサーパッドのカラーセットデータ(テキスト)
*.nzl, *.nozzlesノズルライブラリ(バイナリ)
*.pap, *.papers用紙テクスチャライブラリ(バイナリ)
*.palカスタムパレット設定。Painter 7 まではバイナリファイル。Painter 8.1 以降は内容は XML データ。
*.ptl, *.patternsパターンライブラリ(バイナリ)
*.pcs, *.txt, *.colorsカラーセット(テキスト)
*.por, *.portfolioイメージポートフォリオ2)(バイナリ)
*.rsrリソースファイル。ダイアログ表示のためのデータなど(バイナリ)。
*.setPainter 8 までの重要設定ファイル(バイナリ)
*.ssd, *.scriptsスクリプトライブラリ(バイナリ)
*.pre, *.presetsカラーマネジメント設定(バイナリ)

(推測によるものもありますので、間違いがありましたらご指摘願います。)

1) Painter 11 では選択範囲バインダ
2) Painter 11 ではイメージバインダ
 
painter/filetypes.txt · 最終更新: 2011/04/30 21:28 (外部編集)
 
Except where otherwise noted, content on this wiki is licensed under the following license:CC Attribution 3.0 Unported
Recent changes RSS feed Creative Commons License Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS Driven by DokuWiki