パターンペン

Painter 6 で搭載された 描点の種類 のひとつである レンダー を使用したときに、ソース として パターンマスク付きパターン、あるいは パターンの不透明度 を組み合わせて描画するタイプのブラシ。

パターンペンの描画サンプル

上は、ブラシのソースに順に パターンマスク付きパターンパターンの不透明度 を使用した例。通常のパターンを使用したとき、パターンは背景色の部分まで、ペンのサイズいっぱいに描画する。「マスク付きパターン」を使用したときは、アルファ情報を生かしたパターンの使用となる(パターンをあらかじめ選択範囲つきで保存する必要あり)。「パターンの不透明度」を使用すると、パターンをモノクロに変換したものを現在色の濃淡で描画。基本はこの 3 種類だが、ブラシの設定によって表現はもっと多彩になる。

花綱のパターン

使用したパターンはこれ(50% に縮小表示)。マスク(アルファ情報)を含めて PNG ファイルで保存してあるので、このファイルからマスク付きパターンに変換可。

 
glossary/pattern_pens.txt · 最終更新: 2011/07/02 16:31 (外部編集)
 
Except where otherwise noted, content on this wiki is licensed under the following license:CC Attribution 3.0 Unported
Recent changes RSS feed Creative Commons License Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS Driven by DokuWiki