ミキサー

ミキサーは、Painter 8 で追加された「使う色を置いておいたり、色を混ぜて新しい色をつくる」ための油彩のパレットのような機能。キャンバスの上でも色を置いたり混ぜたりしてスポイトで色(単色)を拾うことができるが、ミキサーには次のような特別な機能がある。

Painter 11 のミキサーパレット

  • 油絵的な混色をおこなうブラシ。
  • 設定した範囲内(サイズスライダで調節)の色をまとめて拾える 多色スポイト (下のアイコンで通常のスポイトの右にある、スポイトの先に円形がついているツール)。
  • 絵具を置いていない部分には 透明 情報があり、これも多色スポイトの対象となる。

多色スポイト で拾った色は、複数の色がそのままの並びで 描点の種類アーティストオイル の場合は帯状に、混色キャメル、および キャメル系統 のブラシには面として、渡されて描画される。

いっぽう次のような制限もある。

  • UNDO がない。
  • バージョンによってはスペースバーで手のひらツールに切り替わらない。

ミキサーで使えるツールはアイコンの並び順で次のとおり。

  • 色移りモード(ブラシが選択色とミキサーで触れた部分の色が混じった色を持つようになる)
  • ブラシ
  • パレットナイフ
  • スポイト
  • 多色スポイト
  • 虫メガネ(Ctrl/Command 押し下げでズームアウト)
  • 手のひらツール(位置ずらし)

下のスライダで、ブラシと多色スポイトのサイズが変更できる。

ミキサーは初期画面では小さく表示されているが、Painter 8 から Painter X までのサイズは 800 x 800 ピクセル、Painter 11 以降では 1600 x 1600 ピクセルあり、ミキサー内の手のひらツールで表示位置をずらすことができる。

ミキサーの内容は、ミキサーパレットのメニューから「保存」で別ファイルとして書き出すことができる。また、保存しておいたものを読み込むこともできる。

背景色部分(右の画像では薄茶色に表示されている部分)はデータとしては 透明 なので、いつでもミキサーメニューの「背景色を変更」から変更できる。

 
glossary/mixer.txt · 最終更新: 2011/04/13 00:14 (外部編集)
 
Except where otherwise noted, content on this wiki is licensed under the following license:CC Attribution 3.0 Unported
Recent changes RSS feed Creative Commons License Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS Driven by DokuWiki