Archive

Posts Tagged ‘写実’

Now And Then

2004/11/21 Comments off

もぐらの八百屋

Painter で描いた、たぶん最初か最初に近い絵、というのがまだ保存してあって、たぶん Painter 5 だと思うんだけど、1998 年 3 月、という記録になっている。家族の Painter を借りて描いたので、ヘルプやマニュアルを読むわけでもなく、適当に鉛筆や水彩ブラシを選んで、なんか使いかたがわからないなあ、とか思いながらとりあえず、な絵。選択範囲の移動と水彩の関係がとくにナゾだったけど、ちょっと借りただけなので、ナゾなままで終わった。【 古いのと並べたのはこっち 】

それから 6 年半。何はともあれ、ていねいに描く訓練はちょっとできたらしい。モデルは「もぐらの八百屋」。Painter 5 よりもっと前からそのへんに居ます。手のひらのところにマジックテープがついていて、大根の持ちかたが自由。シッポもあります。

Categories: painter images Tags:

ツツジ

2004/08/05 Comments off

ツツジ

デジタルカメラ写真を参考に、ArtRage でちょこちょこっと(油彩ブラシの感触チェック)。ArtRage はラフに描くにはいいかも。

Categories: graphics Tags: ,

ポピー (2)

2004/07/03 Comments off

ポピー (2)

デジタル水彩とパステル鉛筆で。

明るい瞳

2004/06/28 2 comments

明るい瞳

「きれい」って何だろう。ほんとに小さい違いがひとの顔の魅力を劇的に変える。顔の認識は脳の基本プログラムみたいのようなものに入っていて、学習とかいうレベルではないらしい。いっぽう、文化による「美人」の基準の違いもまた、ある。

実物に柔らかく光るような魅力があるのに、その人の ID カードの写真は凡庸だ、という例がけっこうあり、単に「写真がヘタ」というのではなく、何か写真では捉えにくいものがあるのだという気がする。

Categories: painter images Tags: ,

陰影練習(脚)

2004/06/27 Comments off

陰影練習(脚)

参考資料写真集を見てコピー紙に 0.5 ミリシャープペンシル。

Categories: graphics Tags: ,

ポピー

2004/03/15 2 comments

ポピー

資料として撮影しておいたデジタルカメラ画像より、やっぱりナマの花から描いたほうが、細かいところをしっかり確認できて構造的疑問が残らないのがいい。でもなんか陰影がうまく描けてない。機会があればもう一度。

Categories: painter images Tags: ,

白梅一輪

2004/02/26 5 comments

白梅一輪

写真から梅の花ひとつだけ抜き出して描いた。オシベがいっぱいあるのはわかるが、いまひとつそのパターンがつかめていない。立体としては横から見たほうが面白い。