Archive

Posts Tagged ‘人物’

レースのベール

2011/07/12 Comments off

パターンチョークで描くレース

「パターンの不透明度」を使うタイプのブラシ(パターンチョークをちょっとだけカスタマイズ)でレースを描いてみました。描点が「レンダー」のブラシは描き始めのところでダマになるので、広めの範囲に描いて外から消しゴムかけたほうがうまくいくようです。うまくつなぐのはほとんどムリかも。

ディズニー映画の「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」の強がりなタミーナ王女のイメージで。衣装が豪華でした。

使ったパターンファイルは下の 2 つです。いずれもローカル保存の上、Painter で開き、パターンとして「取り込み」をすればすぐに使えます。

レース模様(1)
レース模様(2)

ペリドットのペンダント

2011/06/15 Comments off

ペリドットのペンダント

Painter 12 をインストールして以来、ついつい遊んでしまうミラーペイントと万華鏡ペイント。ミラーにするだけで労力は半分。で、どうしても歪んでしまう正面顔が描きやすい。こんなのに依存しちゃってもどうかと思いますが。

線画はこのごろ気に入っている、リアル鉛筆(Painter 11 のハードメディア機能利用の鉛筆)の手法を「重ね塗り」に変更したものを使って、キャンバス上に。その上から Painter 12 で新搭載の リアル水彩 で着彩。その後、ミラーペイントを解除して上に水彩レイヤーを重ね、左右不対称で少し色を追加。

ペリドットの緑色は好きな色です。きれいな天然石としてはわりと安いのもよいですね。

へたりこむ

2009/07/02 Comments off

へたりこむ人

このところ Painter 11 のリアル鉛筆をカスタマイズしたものをよく使っています。「極細削りたて感」が気持ちいい。その鉛筆でスケッチしてデジタル水彩で着色(クリックで少し大きいサイズを表示)。

デジタル水彩はいったん乾燥してから影の部分だけさらに色を乗せるのに便利です。

ぬめり鉛筆ふう

2009/05/09 Comments off

リキッドインクの鉛筆

Painter 11 で「ハードメディア」というブラシコントロールが追加になりました。これはこれまでのわりと普通のブラシ(Painter 6 で追加されたレンダー系より以前のもの)に、タブレットペンの傾き(範囲設定あり)による先端形状の変化を加えるものです。鉛筆を寝かせて幅広に描く、とかできるようになりました。

この機能が実際に使われているのは、あちこちのブラシカテゴリに追加された「リアル」という名前のバリアントです。(Painter X で追加になった「リアルブリスル」カテゴリのぞく。) で、「リアル鉛筆」のひとつをあれこれカスタマイズしてみました。その結果の「ぬめり鉛筆」の線にデジタル水彩で着彩(クリックで少し大きいサイズを表示)。

Painter 以外ではあまり見かけない挙動をする、プラグインブラシの「リキッドインク」を手法にしたところ、ちゃんとペンの傾きでコントロールされるので、なかなか面白い。「リアルブリスル」コントロールはキャメルブラシ系(レンダーブラシ)へのアドオンという位置づけになると思いますが、「ハードメディア」コントロールは古いタイプのさまざまな「描点」と組み合わせることができるので、応用範囲がとても広いかもしれません。

パターンペンのハート

2009/05/02 Comments off

パターンペンのハート

縁取りは、植物のマスク付パターンを作って、ハートのシェイプをなぞって描いたものです(クリックで拡大)。

マスクつきパターンを作るには、次の手順で。

  • 適当な大きさの新しいキャンバスを開く。パターンパレット、あるいはパターンセレクタのメニューから「パターン化」を実行。
  • 新規レイヤーを作成。
  • ベタ塗り系の(不透明度が高い)ブラシ(ペン系がわかりやすい)で、透明レイヤーの上に文様を描く。ペンパターン用のものは、左から右へ横長で作成する。
  • いったんファイルを保存。レイヤーメニューから「固定して選択」を実行。パターンメニューから「イメージをライブラリに追加」を選択。名前をつけて保存。

丸と三角なドレス (4)

2007/11/16 Comments off

丸と三角なドレス (4)

絵はカラーサークルなドレス、のシリーズの続きです(画像クリックで少し大きいサイズを表示)。

Painter Essentials 4 は日本語版も 11 月 9 日に発売となりました。ユーザーインタフェース(画面の要素の配置)が大幅変更になりましたが、フルバージョンが欲しくなるお試し版という位置づけではなく、フルバージョンとは違うユーザー層を想定した、機能限定・ちょっとわかりやすくなったバージョン、と言えると思います。

本体に合計 2 時間ぶんほどの、じゅうぶんな量のビデオ解説がついているので、解説 DVD などを別途購入することを考えれば割安ですね。ビデオ解説の出演は Painter 2 から関わっている John Derry さんです。

Categories: painter images, painter news Tags:

丸と三角なドレス (3)

2007/08/30 Comments off

丸と三角なドレス (3)

(クリックで拡大)

このシリーズの前回は 丸と三角なドレス (2)

メインのサイトを移転してすでに 1 年。旧サイトに向けて貼っていたリンクがリンク切れになったままでしたが、旧サイトはまとめて移築してあるので、そちらにリンクを変更する作業をしました。

ココログも 2003 年末のサービス開始当初からすると、容量はやたらと増えましたし、最近はトップページから前記事へのリンクがついたり、カテゴリページには他のカテゴリへのショートカットがついたり、いろいろ親切になりましたね。

(この記事を書いた当時は、まだココログでした。)

Categories: painter images Tags: