Archive

Posts Tagged ‘デジタル水彩’

非常用ラジオ

2005/05/14 3 comments

非常用ラジオ

文房具類の調達に近所の島忠ホームセンターに行ったら、手回し充電の LED ライトつきラジオが目にとまったので購入。2980 円。ANDO(アンドーインターナショナル)が輸入発売元の「充電式 LED ライトラジオ EG4-847M」というもの。ハンドル(絵では本体左側)を 1 分間(約 100 回転)回すと、約 1 時間ラジオを聞くことができる。同じく、ライトも 1 時間。

ネットで他にこういうラジオはどういうのがあるか検索してみたが、あまり種類がなく、みなこの機種より「回す回数あたりの動作時間」がみじかかったので、偶然の遭遇の買物としてはよかったかも。ただし、携帯電話の充電機能などはない。

分解してみたら充電用のニッカド電池も LED 球も簡単に交換できるようで、これは作りがかなり原始的なことがかえって幸いしているかも。部品の高さが合わない部分があったので削ってから組みなおし。そういうアバウトなところはあるが、全体のデザインは気に入った。

すごく久しぶりに AM ラジオを聞いた。そこだけ時間がたっていないような、不思議な媒体だと思った。

フタを開けた状態は 【 これ 】。右下に写っているのが充電用ハンドル。歯車の連結した先にコイルが見える。

丸と三角なドレス (2)

2005/01/18 2 comments

丸と三角なドレス (2)

Painter のカラーパレットのあれ、を着せてみる、の続き。

「Painter ワークショップ」に新しい解説記事 【 色の選択とカラーパレット 】 を追加しました。

丸と三角な水着

2005/01/12 Comments off

丸と三角な水着

控えめじゃなく考えると、当然こういうことになるわけで。もう少し大きいバージョンは 【 こちら 】

丸と三角なドレス

2005/01/11 Comments off

丸と三角なドレス

Painter を起動して、とりあえずあの極彩色(なんかレトロな響き)の円環と三角が目立つところにあるのは、ひとつの魅力。PaintShop Pro や openCanvas の方式でも機能的にはそんなに変わらない。しかし、「円形」というのはもうそれだけで魅力があるようです。そりゃもう絶大に。

丸と三角の組み合わせって、なんかいいよね、というわけで、ちょっと服にして着せてみました。もっといろいろなアレンジがありそうですが、とりあえず控えめに。

風のなか

2004/12/24 Comments off

風にひるがえる衣

いつものように鉛筆(カスタマイズした Painter の鉛筆)で線画から始めて、デジタル水彩で色をつけたら、線が強すぎた。ぜんぶキャンバスで描いてたので、線だけ色を変えるのができない。そこで思いついた方法。

(1) キャンバスを全選択して複製。(2) 上のレイヤーをかなり大きくぼかす。(3) 上のレイヤーの合成方法を「Colorize / モノクロ・カラー変換」にする。これで線の色だけは周囲と同系色に。さらにクローンしてレイヤーをまとめ(クローンするのは、失敗したときにやりなおしが簡単だから)、プラグイン系のぼかしいろいろで、線ぼかし。バリアントを持ち変えるのでなく、ブラシ手法を切り替えつつ。

机の下のしっぽ

2004/12/18 2 comments

パソコンの上で寝るハナコ

こっちに頭を向けてることが多いのに、きょうはなんかシッポだった。筐体の後ろ側のほうが暖かいからかもしれない。いまのところ少し暖冬気味なので、熱源はパソコンと白熱灯でかなり間に合ってます。

美青年ブッダ

2004/12/16 Comments off

ブッダ

ヘタすると倒錯的な領域に……とか考えてしまったりもしますが、半眼が好きなので。なんつか、心の平安を求めつつ。畏れ多いので白毫は自粛。