Home > painter features, painter images > Painter リキッドインクの立体感

Painter リキッドインクの立体感

2005/03/20 05:10

リキッドインクで立体富士山

Painter のリキッドインクで「富士山立体図のようなもの」を描いてみた。リキッドインクの「厚み」は、ブラシ設定のボリュームと、リキッドインクレイヤーをダブルクリックして表示するダイアログでの「量」スライダ設定で決まり、さらにキャンバスメニューからの「キャンバス面の照明」の設定で光の当たりかたが変えられる(デフォルトだと左上からの光)。

リキッドインクのボリュームをならしたり、色だけを塗りなおしたり、いろいろやるには、デフォルトのバリアントのみでは不足。わりと基本的な「スムーズ丸ペン」、「スムーズナイフ」、「固まりかけインク」などを使い、それをベースに随時ブラシコントロールパレットからリキッドインクのインクタイプを変更しつつ作業する必要がある。

Comments are closed.