Home > painter images > 銀座木村屋のあんぱん

銀座木村屋のあんぱん

2004/02/18 20:47

木村屋あんパン

銀座に実際に店を出している「銀座木村屋」のパンは、このごろはヤマザキパンとかフジパンとか敷島パンのパンに混じってコンビニやスーパー(たぶん東京地方ローカル)の棚にも並んでいる。

「銀座」とかついてるんで「ブランド指向」なのかな、と軽く考えていたが、パンのブランドというのは実質あってこそ。しばらくの間だけ近所のコンビニで買えた銀座木村屋のロールパン(他のメーカーと同じような値段)が、他のよりかなりうまかった(ちょっと暖め直したときが格別にうまい)ので、なんだか急に見直した。値段は他と同じで内容が「ブランドの名に恥じない」のである。偉い。

ロールパンの件以来、個人的に銀座木村屋の評価が上がったので、特別に好物ではない「あんぱん」なども買ったりしている。ロールパンが欲しくでも、他のメーカーとの競合に負けたのか、そのへんの店では買えないので、木村屋のもので他に買えるものを買ってるんである。で、この「あんぱん」も木村屋のは「へそ」に「桜の花の塩漬け」が入っている正統派で、うまい。(この「へそ」は実用新案かなんかなのだろうか。他にはないみたい。) 4 個入り 200 円。大きいの一つ入りよりこっちが好き。

Comments are closed.