image: 氷

時間が静止しているイメージというのが好きです。活動停止状態人物フェチ、というのもあるようで、まさにそれかも、とちょっと自覚はしているのですが。

珍しくレイヤーを多めに使いました。鉛筆下描き > 鉛筆線画 > 別レイヤーで「にじみ」値の高いブラシで混色しながら着色 > 線画と着色のレイヤーを結合 > 細部描き入れ > 別レイヤーで氷 > ダイナミックプラグイン(Painter 6 では「ダイナミックレイヤー」)の「リキッドレンズ」で歪み追加、というかなり複雑なことをやってます。

ダイナミックプラグインは「確定」するまでいくらでも調整できるのが利点です。Painter 5 で「プラグインフローター」という名前で搭載されました。「リキッドレンズ」は正確にコントロールするのはむずかしいですが、やり直しも効きますし、じつはかなり手軽に使えます。

氷の表現のように薄く着色するとき、ブラシの透明度を低くすると濃い青を選んでも白っぽくなってしまうのですが、レイヤーの「下にある色をサンプリング」をオンにすると思った色になります。

Painter 7 。100%。

(2002/08/28)

» 部分比較図