「バトーのショルダーバイクで GO!」の作成過程です。

Step 1

頭の中のイメージに沿って、原作マンガのキャラ設定も参考にしながら線画を描く。この作成では透明レイヤーに鉛筆系カスタムブラシで描いた。

Step 2

木立のデジタルカメラ画像を自動クローンで処理したものを背景として配置。線画の下のレイヤーで大まかに配色。

クローンに使ったのは「カスタムブラシ集 (1)」 の「水彩代用ブラシ」の watery fuzz をサイズ小さめにしたもの。

Step 3

バトーの姿勢が気に入らなかったので、線画と着色のレイヤーを合成した上、上半身の各部分を切り取って別レイヤーとし、少しずつ回転させてつなぎなおす。継ぎ目は手作業で修正。

Step 3

全体をクローンして全選択したのち、元のファイルに貼り戻し、この 1 枚のレイヤーで作業を進める。まず、バトーの陰影を描き入れた。

Step 4

ショルダーバイクの陰影とディテールも描き入れる。地面の位置も少し入れておく。

Step 5

ズボンのシワなんかもそれらしくしてみる。

Step 6

人物が終わったら背景。向こうから光が透けている部分を白で描いていく。

空の背景に葉っぱを描くより、写真の背景でピントの合っていない部分の光の印象に近くなり、適当に描いてもそれらしくなるので、たいへんおすすめ。

Step 7

さらに背景描き込み。光を考えて地面に影を落とす。手前の雑草を描き入れる。

草などは、便利な手抜き方法も特にないので、ひたすら手描きです。

Step 8

なんとなくメリハリ不足か、と感じたので、少しコントラストを上げてみることにする。

描画したレイヤー(1 枚しかない)を複製、レイヤーパレットで合成方法を「オーバーレイ」にするとすごくコントラストが上がるので、不透明度をうんと低くする。さらに、コントラストを変化させたくない部分については、レイヤーマスクを新規作成して、上からかぶせる「コントラスト強調レイヤー」の背景部分を黒で塗って見えなくした。

» この作成過程による作品へ